ビジネスにもITツールを使うのが主流

ビジネスの場でもITツールを使うことは、もうすでに現代の常識ともなっています。パソコンは多くの場合その主流とはなっていますが、最近はIT、家電のジャンルの中でも携帯性が高い端末が人気となっています。


まず、代表的なのがスマートフォンでしょう。これは、IT、家電(携帯)ジャンルでも一番主流となっています。ビジネスの場では特に情報収集や連絡のために使います。また、アプリ開発やweb開発などでもスマートフォンは主流となっており、IT、家電(携帯)ジャンルの中でも非常に所有率が高い端末となっています。


次に、IT、家電(携帯)の中で最近人気になっているのがタブレット端末です。これは、IT、家電(携帯)ジャンルの中でも様々な大きさやOSがあるため、選択肢もかなり広い傾向があります。Androidはもちろん、iOSやWindowsなどでのタブレットもあります。また、用途によっては独自の操作感を持ったものもあり、利用する用途もかなり広くなっています。
また、活用の幅も広くなっており、例えば店頭でお客様に商品を宣伝する際に商品紹介用のPOP代わりに使ったり、お客様に書いていただく契約書や同意書などを作成する際にも使われます。キーボードがある端末もない端末もありますが、基本的にキーボードがなくても操作できるというのがポイントです。


それとは別に、情報収集源としても使われています。他のIT、家電(携帯)と違い、ITツールの場合はある程度情報を更新し通信することによって表示させる内容を大きく違うものにすることができます。また、通信をしなくても、時間や時期によって情報量や掲載する内容を左右させることも出来ます。このため、情報源としても活用されています。


一方で、昔ながらの巨大端末やデスクトップパソコンもいまだにいいものです。端末が小型化し動きがスムーズになっている分、ますます大型の端末は高機能化しています。昔は編集が難しかった画像や動画なども容易に編集できる他、何もないところからデータを作り出し、まるでそこにあるかように作ることも出来ます。合成なども徐々に簡単に出来るようになってきましたが、動画編集や3Dなどをする人にはやはりデスクトップタイプのほうが未だに主流です。


ほかにも、そもそも端末自体を客寄せにしたり、データをおまけにするなどして、今後もますますIT、家電(携帯)の活用は進んでいくでしょう。